新しい お出かけ基準

経済活動再開にさいして

これまでとはけっこう正反対の 価値判断、基準が合理的になっていますので

書いてみます。

IMG_1597[1].JPG



①雨の日は お出かけ日和
(雨が降ると 空気中にある新型コロナウイルスは、雨粒に捕集されて地面に落ちるので 
空気からの「ミスト感染」のリスクは下がるのです。 
冬に雨が降ると インフルや風邪引きが減るのと同じ原理です。)雨の日は 晴天に比較的して安全です。



②マスク、手洗いをします。(外部環境に依存しない方法です。)




③飲食店内では、1~2mの距離をとります。
(声を出すと ウイルスを含んだ唾液が飛まつとして発生します。
昔は近づくのが信頼の証でしたが、今は、距離をとるのが信頼の証です。)



④食堂では 話をしない。
(飛まつを飛ばさないようにするためです。
昔でしたら 向かい合ってスマホチャットなんてするのは 一部の特殊な人たちでしたが、
いまは、それが安全スタンダードです。)



⑤「不要不急でない」から「目的のある移動」へ
緊急事態宣言下では、ちょっとだるいくらいの通院や、運動靴を買いに行ったり 
スマホの購入に行ったりは控えていましたが、
いまは、持病の通院、靴やシャツの購入、弁当の買出し、などは可となっています。
「そのついでに ショッピング街をぶらぶら歩く」というのはまだダメという基準です。




⑥レストラン、居酒屋、料理店では、フェイスガードやマスクのある店を選ぶ、もしくは、自分で用意する。

face gurd.jpg
1個あたり77円くらいのようです。


フランスのレストランでは、
まるテーブルの各客席に 
電球の傘のように お客さんの顔まで天井から 透明シートを円錐形にして吊るしてるニュースがありました。

オシャレなのかも。


P.S.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当社の在庫の 「業務用食品の 鍋のつゆの素」 賞味期限ギリギリです。
冬場用の商品なので 自粛期間が終わる頃には、賞味期限切れになります。(T-T)
買ってくださるかた お願いいたします。

勉強会もZOOM

IMG_1574[1].JPG

新型コロナ対策のセミナーを 初めてオンラインで行いました。

今後もしばらくはこの状態だと思います。


きすカレー

IMG_1572[1].JPG

トマトと野菜のフォンと

残り物野菜で作りました。


キスは、骨をとってから グリルで。

テイクアウト かき小屋弁当





福山港そばの かき小屋さんの
「カキフライ弁当」です。



IMG_1558[1].JPG



スーパーマーケットでも 販売されています。


IMG_1556[1].JPG

食品廃棄の問題が 大きくなりつつあります。

5月6日
福山市内は、人は9割減なくらい歩いていません。
パチンコもおとなしく休業しています。  
 感染防止協力金を受け取るために「飲食店・観光業」もほとんど休み。 
当社は農水省からの「日用品、食糧品の流通は最大限これを継続してほしい。」との要請で 
トラック流通業は、マスク手洗い消毒、検温で配送していますが、
ドライバーをローテーションで休ませないと この状況では続きません。
 
また レストラン用の生鮮食材(牛乳、チーズ、サラダ)は日切れ廃棄。
また 学校用の食材農家でも野菜が廃棄中。

5月の中ごろには、農家は廃棄 お店には食材が届かない。 
小売店では売り切れで商品が納入されず購入が困難だと 
一般認識でも 顕著にみえてくるかもしれません。   


これらの事項にも 補助がいただきたいところですね。

jishuku.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
5月20日

休業要請が 大きく緩和されつつあります。

飲食店でも テイクアウトを中止して 通常営業に戻す店が2割から4割に増えつつあります。

が、レストランを空けていても お客さんが来ないという声ばかりです。
飲食店的には、自粛要請が撤回されれば もとどおりのお客さんが、来てくれると期待していた気持ちでしょう。

じっさいには、 お客さんは、「自粛したおかげで コロナが収束しつつあるのだから もうひと頑張り。」という気持ちなのでしょうか、

お店には行かないようです。

ある意味 自粛要請解除後には、元の世相には やはり戻っていない。

新型コロナも収束してはいない、という認識のままのようです。

ですので テイクアウトと併用を再度行おうという飲食店も出てきましたが、

営業許可証の関係で 保健所も頭を痛めているところです。

夏場は、食中毒が心配だからです。

 現在一番 実際的な方法は、
「店舗入り口で検温。

予約客のみ受け入れ。風邪などの症状がある方は、予約電話の際に問診で ご遠慮いただく。

ドアノブの2時間ごとの 次亜塩素酸水での消毒。

テーブルは向かい合わせにしない。

席を最低1メートルは 離す。

換気をよくして テーブルを定期消毒。

テイクアウトをお勧めする。

これらを 写真で店内掲示をして 安心感をアピールする。」

という営業形態に する…。しかないか。