うなぎ丼

画像


江戸時代後期の 元禄文化のころから

しょう油が大量生産され始めました。

また うなぎをさばく技術が確立した為

関西、西日本では、

さばいた鰻を 蒸さずに 串打ちして

甘辛いしょう油、酒、砂糖、みりんを塗って 焼きました。

明治時代になってから

ごはんと一緒にたべる 鰻どんぶりが 始まります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック